ドレッサー・鏡台のお掃除

鏡のお掃除

鏡についた指紋や化粧品などの油の汚れは酸性の汚れのため、アルカリ性の重曹を使うと汚れが落ちきれいになります。 重曹を溶かした水をキッチンペーパーやクロスなどに含ませ、さっと拭きます。

その後もう一度、からぶきをすると良いでしょう。 その際には鏡枠の木の部分に触れたりたれないようにお掃除をして下さい。 毎日使うドレッサーだからピカピカな鏡だと気持ちが良いですよね。

 

塗装面のお掃除

当店の家具はウレタン塗装やラッカー塗装をしております。

お手入れの際はシンナー等を使用すると塗装が剥がれてしまうので使用しないでください。基本的には乾拭きでの拭き掃除を行って下さい。マイクロファイバーのクロスやぬるま湯をつけて、きちんと絞った繊維の細かいタオルを使用して下さい。化粧品などがこぼれた際は直ぐにふき取って下さい

 

引き出しのお手入れ

桐は水分を含むと膨張する性質がありますので水拭き等は避けて下さい。膨張する事により引き出し内部の桐材が膨らみ引き出しの開け閉めがスムーズに行えなくなります。万が一、化粧品や水分が含む物がこぼれたら拭きとって下さい。

またエアコンなど近くにドレッサーを設置すのはNGです。

長くご愛用いただく為に定期的に乾燥している場所で陰干しをお願いいたします。

 

ドレッサーの設置場所

風通しの良い場所が最適です。湿気多い場所やエアコンの下などは避けて下さい。

また、床が平行な場所へ設置して下さい。

不安定な場合は転倒してケガの恐れがございます。

 

日常点検

半年から一年の間に鏡枠とドレッサー本体の連結が緩んでいないか確認をお願いいたします。

緩んでいる場合は鏡枠の転倒の恐れがありますので定期的に点検を行って下さい。

ランプやコンセントにホコリが溜まると火事の火事の原因になりますので、こちらも定期的にご確認下さい。